2015年01月29日

神の働きは明らか(ローマの信徒への手紙1章18ー23節)

リュティ牧師は私どもの神はそのような父親エリではないと言うのです。そして説教の中でこうも問いかけるのです。この中のお父さんである方々に問いかけたいと。もし息子がおろかなことをして、そのままだところんでしまう。そのままだととても痛いことになってしまう。そういう状態ならあなたがたお父さんはどうされるのか。息子を叱るのではありませんかと。まず叱るでしょう。しかしその叱りは、父親としてのあなたがたの愛から来るのではありませんか、と。



全部読む
posted by かたつむり at 00:40| 神奈川 ☀| 説教 ローマの信徒への手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

救いをもたらす神の力(ローマの信徒への手紙1章16−17節)

救いをもたらす神の力
posted by かたつむり at 22:41| 神奈川 ☀| 説教 ローマの信徒への手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

信仰によって励まし合いたい(ローマの信徒への手紙1章8−15節)

私はこの分け与えたい、という語が少しひっかかります。何かパウロ先生がたくさん持っておられ、そしてそれを分け与えてくださる。そういうイメージがするからです。

むしろ分けたい。分かち合いたいと私は訳したいのです。

パウロ先生も霊の賜物を持っている。ローマの教会の人たちも霊の賜物を持っている。私どもも同じであります。それぞれがそれぞれに霊の賜物を持っている。キリスト者でありますから。

今、パウロ先生は自らの霊の賜物を、ローマの教会の人たちと会い、喜び合って、そして自分が受けた賜物を、さらに皆と分け合いたいと言っているのです。それはなぜか。「力になりたい。力づけたい」。こう言うのであります。ここにひとつ大切なことが隠されています。それはみなさんがもうすでに信仰をもっていること。信仰を植え付けられていることです。だからパウロがしたいこと。パウロの願いはそのすでに植えられている信仰をさらに力強いものにしたい。だから「力づけたい」と書いたのです。





全部読む
posted by かたつむり at 15:02| 神奈川 ☀| 説教 ローマの信徒への手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

ブルームハルトの夕べの祈り 1月11日

「ですからこのように私どもはあなたに願い求めるのです。私どもをさらに助けてください。私どもを支えてください。どうか私どもがつぶされませんように。」

弱く貧しい私どもの願いです。さらなる助けを、支えを祈り願うのです。決して私どもがつぶされてしまうことのないように。

「どうか私どもが生きていかなければならないすべてのことにおきまして、永遠であるもののうちの何かを私どもに伴わせてください。そして私どもが繰り返し常に生き生きとして、繰り返し常に新しく始めて、前進することができますように。アーメン。」

神様の永遠なるものがある。そこから何かひとつでも私どもの歩みに伴わせて欲しい。そういう願いだと思うのです。生き生きとして訳した言葉はfrischという語です。英語、日本語のフレッシュなのです。ブルームハルト牧師は好んで用いる言葉です。私どもを繰り返し常に、何度でも何度でもフレッシュにしてくださいと祈るのです。そして何度でも何度でも新しく始めて、前進する。だから新年の祈りだと申し上げたのです。


全部読む
posted by かたつむり at 02:31| 神奈川 ☀| ブルームハルトの夕べの祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

神に愛され召されたあなた(ローマの信徒への手紙1章1−7節)

スイスの牧師ヴァルター・リュティという人が、この使徒という言葉について次のようなことを言っています。この使徒という言葉はもともとは戦争の言葉だった。敵が迫っていること。あるいは攻撃を仕掛ける時も、言葉を持って行った人のことを使徒(アポストロス)と呼んだと言うのです。ですから使徒と言う言葉は先頭を切って知らせを伝える人です。戦いの言葉です。切り込んで行くのです。そしてその言葉は次の福音という言葉ともつながります。

福音とは良い知らせ、良いおとずれ、という言葉が日本の教会では好んで用いられます。使徒パウロはこの良い知らせをたずさえて先頭を切って、今ローマの教会の人々のところへ行きたいというのであります。まだそれがかなわないからこの手紙を書いていると言うのであります。

ですからこの手紙がキリストの手紙。私どもにとっても良い知らせというのでありますから、主キリストは、神様は、ここに書いてある内容を、良い知らせを、私どもに真っ先に届けたい。そういう内容の手紙だということになります。



全部読む
posted by かたつむり at 20:36| 神奈川 | 説教 ローマの信徒への手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

新しい年が実り豊かで健康な年でありますように

2015年になりました。この年、浦賀教会は4月6日に創立60周年を迎えます。

ドイツでは年のかわりをヤーレス・ヴェクセル(Jahreswechsel)と言います。


アイネン・グーテン・ルッチュ・インス・ノイエ・ヤール
 Einen guten Rutsch ins neue Jahr!
良いお年を、

アイン・エアフォルグライヘス・ウント・ゲズンデス・ノイエス・ヤール
 Ein erfolgreiches und gesundes neues Jahr!
そして新しい年が実り豊かで健康な年でありますように

教会の暦 ヤーレス・ヴェクセル を読む
posted by かたつむり at 07:34| 神奈川 | 教会の暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。