2013年08月12日

陰府の力にうちかつ教会(マタイ16章13−20節)

ある人がこういうことを言っています。
ペトロ、この岩とは、みなさんの先頭に立つひながたであると。
ですからイエス様はペトロの前にお立ちになると同時に、
みなさんの前にもお立ちになっておられるのです。

「あなたはキリスト、生ける神の子です」とあなたが答えたその時から、
洗礼を受けた時も、あなたの生涯を通じて、あなたに呼びかけ、
イエス様はあなたが必要だとおっしゃって、あなたを、ご自分のものとしてくださっているのです。

イエス様は教会を建ててくださいます。
あなたの働いているところで、あなたの家庭の中にも教会を建ててくださいます。
信仰の仲間を見出すことができます。交わりが生まれ、キリストの教会となるのです。
あのペトロがそうであったように。イエス様が呼び出されたものたちがそうであったように、
私たちはこう祈り願うのだと言うのです。「私は信じます。私の不信仰をお助けください」と。




全部読む
posted by かたつむり at 12:19| 神奈川 | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

花婿キリストが共にいてくださる(マルコ2章18−22節)

ファリサイ派の人々やその派の律法学者たちはつぶやいて、イエスの弟子たちに言った。「なぜ、あなたたちは、徴税人や罪人などと一緒に飲んだり食べたりするのか。」イエスはお答えになった。「医者を必要とするのは、健康な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。」(マルコによる福音書第2章30−32節)

とても良く知られたイエス様の御言葉が出て参りました。この言葉に、私ども自身も慰め、励まされて来たのではないかと思うのです。そう思うなら、私どもはパリサイになり得ません。むしろイエス様に助けていただく、罪深い、弱い人間なのです。そのような人たちのためにこそ、イエス様はおいでになった。イエス様は助けてくださり、まことの信仰へと導いて下さるのであります。

この言葉を本当に慰め深い言葉として聞けるかどうかだとも申し上げました。自分は医者だ、健康だ。自分は正しいという思いがあれば、何の意味もない言葉だからであります。

むしろイエス様が戦われたのはここであります。そしてファリサイ派の人々がイエス様を攻撃したのも、ここなのだと申し上げました。神さまの御前で、自分が正しいと思うか、それとも罪深い者とひれ伏すのか。その分かれ目でもあります。

posted by かたつむり at 00:01| 神奈川 | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

聖霊はわたしにも与えられています(ローマ8章14−17節)

そして「第二に、聖霊は、わたしにも、与えられています」。

「聖霊がこの私に与えられている。」
そして先ほどの言葉です。「聖霊は私どもの中に住んでいるのです。そのことがすなおに確信できるのです。聖霊はここにおられるのです。」

これらの言葉はわたしたちの信仰の言葉となると思います。

わたしたちは信仰者として、信仰者であり続けるために、必死で頑張って倒れそうになりながら歩むわけではないのです。




全部読む
posted by かたつむり at 02:17| 神奈川 ☁| 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

なぜとどまるのか なぜ人々の心を挫くのか(民数記32章6−7節)

「キリストのもとには、最前線も、休戦も存在しない。すべての者たちが最後の戦いに招集されたのではなかったか?私どもすべてが、自らのからだを犠牲としてささげることを求められているのではないか。生きている聖なる神の御心にかなう者として。

しかし愛する友よ、私どもはとてもすばらしい経験をするのです。私どもが先頭に立っているわけではない。なぜなら先頭に、私どもの前に、なお、お一人の方、ただお一人の救い主が立っておられる。私どもが攻撃されても、私どもはこのお方の上に倒れる。まず最初にこのお方の御手の中に倒れることになる」(ヘルマン・クルキスト・ヘッセ)。



全部読む
posted by かたつむり at 19:16| 神奈川 ☁| 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

永遠の都を求める

私どもの本国は天にある。
それを私どもは心から求めている。

居場所のない人にも居場所のあるところ。
逃げてきた人のふるさと
追放された人のふるさと

そのようなまことのふるさとを私どもは持っているのです。

しかも天に。神さまがおいでの場所に。
これ以上の慰めはあるでしょうか。
posted by かたつむり at 00:54| 神奈川 | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。